海外情勢

中国、住まいに「プロテック」 最先端技術で都市生活の利便性を向上 (1/2ページ)

 金融とITを融合したフィンテックは、投融資や決済のやり方を変えつつある。特に中国で進んでいるのは、都市居住者の生活とフィンテックの融合だ。ビッグデータや機械学習といった新しいテクノロジーを利用して個人や不動産管理会社を支援するプロパティーテクノロジー、略して「プロテック」が広がりを見せている。

 顔認証で入館管理

 不動産サービスのジョーンズラングラサール(JLL)によれば、プロテックのスタートアップ企業に対する2013~17年の投資額は78億ドル(約8440億円)で、その約36%を中国が占めた。市場調査会社ベンチャー・スキャナーのデータは、この数字が18年には200億ドルに迫ったことを示している。

 JLLが同社初のプロテックフォーラムを北京で今年5月に開催した際、「中国には非常にダイナミックなプロテック生態系があり、かなり成熟し、あらゆるレベルで進んでいる」とアジア最高経営責任者(CEO)アンソニー・コース氏は指摘した。

 顔認証テクノロジーを使ったアプリ「INNO」を導入したのは不動産会社の瑞安房地産だ。同社が上海で手掛ける何棟ものオフィスビルの入館者を管理するためのアプリだ。これにより、市中心部にある1棟のオフィスタワーで働く7割が女性という驚きの結果が判明。同社はオフィスエリアの下に位置するショッピングモール「新天地広場」を改装し、全5フロアを女性向けに変えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus