13日の東京株

229円安 海外政治情勢の混乱など懸念

 連休明け13日の東京株式市場の日経平均株価は反落。米中摩擦長期化懸念に加え、海外の政治情勢混乱が投資家心理を冷やした。終値は前週末比229円38銭安の2万0455円44銭で約2カ月ぶりの安値を付けた。トランプ米大統領が米中貿易協議に関し、当面は妥結の見込みがないと表明したことで、経済への悪影響も長引くと警戒された。平均株価の下げ幅は一時310円を超えた。

 海外では、香港の抗議活動が深刻化し、アルゼンチンは大統領選への不安から市場の乱調が際立った。円相場は一時1ドル=105円台前半を付け、円高進行で輸出企業の業績が一段と悪化するとの観測が高まった。ただ日銀が上場投資信託(ETF)を買って株式相場を支えるとの思惑もあった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus