海外情勢

ビットコインETF高い壁 SEC、承認判断10月まで再延期

 米証券取引委員会(SEC)は、仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)の承認をめぐる判断を再び延期した。ビットワイズ・ビットコインETFトラストとバンエック・ソリッドX・ビットコイン・トラストなどの取引開始が認められるよう上場規則を変更するかどうかの判断を10月まで先送りした。両ETFに関する決定はこれまで何度も先延ばしされている。

 ビットコインは12日、約3.8%安の1万1418ドルで終了。SECの決定を前に、ほぼ終日軟調だった。

 ビットワイズの関係者にコメントを求めたが、今のところ返答はない。SECもコメント要請に応じていない。

 SECは昨年、キャメロン、タイラー・ウィンクルボス兄弟が申請したビットコインETFの上場申請を却下した。クレイトン委員長は当時、投資家保護の欠如をめぐる懸念からビットコインETFの上場を早期に認める可能性は低いと説明。交換業者での仮想通貨取引について盗難や市場操作をなお懸念していると語った。(ブルームバーグ Vildana Hajric、Olivia Rinaldi)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus