海外情勢

CBSとバイアコム再統合 価格交渉合意 売上高280億ドル超す

 米メディア大手のCBSとバイアコムが13日、合併することで合意した。117億ドル(約1兆2500億円)規模の取引となる。2006年に分離された両社はここ数年間、再統合に向けて断続的に交渉を続けてきた。

 発表によると、全額株式による合併となる。米三大放送ネットワークで最も視聴率の高いCBSが、パラマウント・ピクチャーズやケーブルテレビ(CATV)の「MTV」「ニコロデオン」の親会社であるバイアコムと統合する。価格をめぐる今週の長い交渉の末、合意した。

 合併で誕生する新会社「バイアコムCBS」の会長にレッドストーン一族のシャリ・レッドストーン氏が就任する。同家は投資会社ナショナル・アミューズメンツを通じて両社を支配している。シャリ氏は父親のサムナー・レッドストーン氏が築き上げたメディア帝国を仕切ることになる。

 新会社の最高経営責任者(CEO)にはバイアコムのボブ・バキッシュCEOが就く。CBSのジョー・イアニエロCEO代行がCBS側の事業を統括する。

 メディア業界の再編が進み、巨大な数社に集約されていく中で、CBSとバイアコムの再統合で誕生する新会社は、有料テレビ業者との条件交渉で優位に立てる可能性がある。また、スポーツ放送の権利などコンテンツ購入の費用をより広範なチャンネルに分散できる。

 経営陣は、合併手続き完了後1~2年以内に年5億ドルのコスト節減効果を見込んでいる。新会社の価値は約300億ドルと評価され、売上高は280億ドルを超える。

 CBSの株主には新会社の株式61%が割り当てられ、残りはバイアコム株主が保有する。バイアコムの株式は1株当たり、CBSの株式0.59625株に転換される。13日の米株式市場でCBS株は1.4%高の48.70ドルで終了。バイアコムのB株は2.4%高の29.21ドル。(ブルームバーグ Lucas Shaw、Nabila Ahmed)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus