15日の東京株

249円安 半年ぶり安値、世界的な景気減速懸念

 15日の東京株式市場は、米中貿易摩擦を背景にした世界的な景気減速を懸念する売り注文が強まり、日経平均株価は大幅反落した。

 終値は前日比249円48銭安の2万0405円65銭で、2月以来、約半年ぶりの安値を付けた。

 下げ幅は一時400円を超えた。欧米市場に続く下落となり、世界同時株安に市場の不安が渦巻いた。

 朝方は、14日の米ダウ工業株30種平均が前日比800ドル超の大幅安となった流れを引き継ぎ、東京市場でも売りが先行。ほぼ全面安の展開となった。

 株安に加え、円相場が一時1ドル=105円台後半に上昇したほか、国債市場では長期金利のマイナス幅が一時拡大した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus