海外情勢

中国鉄塔、中間決算で最終利益2倍以上

中国新聞

 移動通信インフラ事業会社、中国鉄塔(チャイナ・タワー)が発表した2019年中間決算は、売上高が前年同期比7.5%増の379億8000万元(約5720億円)、最終利益が同110.6%増の25億4800万元だった。同社の基地局数は19年6月末現在で同4%増の195万4000カ所、(通信キャリアなど基地局を利用する)テナント契約件数は同11.8%増の308万2000件で、基地局1カ所当たりのテナント数は18年末の1.55から1.58に増加した。3大通信キャリアなどが第5世代(5G)移動通信のインフラ整備を進める中、中国鉄塔の5G基地局の需要は6月末現在で累計6万5000件に上り、テナント契約数は拡大する見通し。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus