海外情勢

中国系無許可事業所に閉鎖命令 フィリピン政府

 フィリピン環境天然資源省は先ごろ、同国有数のリゾート地として知られるボラカイ島で許可なしに営業活動していたとして、10の外資系事業所に閉鎖を命じた。経済紙ビジネスワールドが伝えた。

 閉鎖を命じられたのは中国系のバーやレストラン、土産物店など。ロイ・シマトゥ環境天然資源相によると、中国人観光客を対象とした中国企業の数が増えているとの報告を受け、関係部門に調査を行うよう指示。同島の環境・労働特別監視チームが違反調査のための委員会を設置し立ち入り調査を実施した。

 同島には観光関連企業が約500社あり、17年の観光客数は約200万人。観光客や業者が出すごみによる環境汚染が深刻化し、18年4月には立ち入りが一時禁止された。半年後に観光客の受け入れが再開し、今年1~4月は約62万人が訪れた。(シンガポール支局)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus