海外情勢

雲南、「一帯一路」沿線との貿易増 中国

中国新聞

 雲南省昆明市税関によれば、2019年1~7月の同省と巨大経済圏構想「一帯一路」沿線諸国の輸出入額は前年同期比16%増の907億4000万元(約1兆3411億円)だった。輸出は同22.9%増の343億5000万元、輸入は同12.2%増の563億9000万元で、沿線諸国との輸出入額は同省の輸出入全体の72.1%を占めた。相手国別の貿易総額はミャンマーが同21.4%増、ベトナムが同5.3%増、サウジアラビアが同42.8%増で、3カ国が沿線諸国全体に占める割合は67.3%に上った。輸出品目別では農産品が同39.8%増で、このほか機械・電気製品、化学肥料などが伸びた。輸入は原油が同13%増の209億9000万元で、液化天然ガス(LNG)が同24.3%増、農産品が同88.7%増だった。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus