3日の東京株

4円高 NY市場休場受け取引低調

 3日の東京株式市場は値ごろ感のある銘柄が着目されて買い注文がわずかに優勢になり、日経平均株価は小幅反発した。

 終値は前日比4円97銭高の2万0625円16銭。2日のニューヨーク市場の休場を受け取引は低調だった。

 底堅い業績が見込めるのに最近の値下がりが目立っていた銘柄について、株式価値を再評価する買いが入った。

 一方、英国では欧州連合(EU)からの離脱問題に関して前倒し総選挙の観測が生じ、政局混乱が懸念された。中国は米国を世界貿易機関(WTO)に提訴すると決め、貿易問題をめぐる両国の対立を改めて印象付けた。円相場は対ユーロで円高が進み、一時約2年4カ月ぶりの水準に達した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus