国内

高市総務相、加藤厚労相が再登板へ きょう内閣改造・自民人事

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の内閣改造・党役員人事で、高市早苗衆院議院運営委員長を総務相に、加藤勝信党総務会長を厚生労働相にそれぞれ再登板させる方針を固めた。西村康稔官房副長官は経済再生担当相で、全世代型社会保障改革も担当する。

 初入閣となる河井克行・党総裁外交特別補佐を法相に、菅原一秀元財務副大臣を経済産業相に起用する。関係者が10日、明らかにした。首相は人事の最終調整を続けた。

 江藤拓首相補佐官は農水相に、衛藤晟一首相補佐官は1億総活躍・少子化担当相に就く。田中和徳元財務副大臣、武田良太元防衛副大臣も初入閣する。

 調整していた河野太郎外相の防衛相、橋本聖子前党参院議員会長の五輪相への起用も内定した。

 首相は「安定と挑戦」を人事方針として示している。骨格となる麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官の留任を既に決めており、両氏を除く閣僚17人の大半を交代させる。

 自民党四役は既に固まった。憲法改正推進本部長らの人事が残る焦点となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus