海外情勢

ABインベブ、香港でIPO 50億ドル規模、月内に計画

 ベルギーのビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブはアジア部門による香港での約50億ドル(約5400億円)規模の新規株式公開(IPO)を9月末までに実施する計画だ。関係者が明らかにした。同社は先に計画していたアジア部門の香港IPOを棚上げし、オーストラリア事業を担うカールトン・アンド・ユナイテッド・ブルワリーズをアサヒグループホールディングスに113億ドルで売却することで7月に合意した。豪州事業を含めたアジア部門上場となれば、IPO規模は今年最大になると見込まれていた。

 関係者の1人によれば、ABインベブは現在、投資家需要を探っている。

 ABインベブは12日、豪州を除くアジア太平洋事業を行う子会社バドワイザー・ブルーイング・カンパニーAPACが香港証券取引所に少数株を上場する申請を再開したと発表した。

 新たなアジア部門IPO計画は以前の予想よりも小規模になりそうだが、引き続き今年のIPOランキング上位となる公算が大きい。米ウーバー・テクノロジーズは5月、米国で81億ドル規模のIPOを実施。豪州事業を除いたアジア部門IPOは、前回計画での評価額に二の足を踏んだ投資家にとってはより魅力的に映る可能性がある。上場前の発表資料によれば、2018年の豪州を除いたアジア部門の売上高は67億ドル。前回の上場申請では、豪州を含めたアジア部門の売上高は85億ドルだと説明していた。(ブルームバーグ Carol Zhong、Julia Fioretti)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus