海外情勢

建国100周年まで闘争続く 中国・習近平氏、共産党員に長期の備え促す

 中国の習近平国家主席は、さまざまな脅威に対する「長期間」の闘争に備えるよう共産党員に呼び掛けた。景気減速と米国との対立が深まる中で、改めて党員の引き締めを図った。

 国営新華社通信によると、習主席は北京で3日に行われた共産党幹部養成コースで演説し、安全保障上の懸念から金融リスクに至るまで多岐にわたる問題の克服に向け「闘争の精神」を示すことが必要だと主張。「われわれが直面している闘争は短期的なものではなく、長期間続く」とし、少なくとも中華人民共和国建国100周年を迎える2049年まで続くと語った。

 中国共産党は10月に党の重要会議である第19期中央委員会第4回総会(4中総会)を開くことを決定した。前回の3中総会から1年8カ月後の開催となる。習主席は建国70周年を記念する同月1日の軍事パレードを指揮するとみられている。

 だが、この日の演説に勝利に浸る部分はなく、「中国の発展はさまざまなリスクと問題が絡み合って顕在化する時期に入りつつある」と指摘。懸案として経済や国防、香港、台湾などを挙げ、「これらは複雑になる一方だろう」との認識を示した。(ブルームバーグ Dandan Li)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus