海外情勢

NY株小反発、33ドル高 FOMC控え様子見

 17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に反発し、前日比33・98ドル高の2万7110・80ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は32・48ポイント高の8186・02。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が17~18日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や、パウエルFRB議長の記者会見の内容を見極めたいとして、積極的な売買を控える投資家が目立った。

 一方、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は17日、石油施設への攻撃で停止した石油生産について、9月末までに通常に戻るとの見通しを示した。供給不安の後退を好感した買いが出たことで、相場が下支えされた。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus