海外情勢

中国・センスタイム、企業評価8100億円超 AI新興企業で世界最大に

 中国のセンスタイム・グループはソフトバンクグループなどからの投資を確保し企業評価額が今年75億ドル(約8100億円)を超え、人工知能(AI)を手掛けるスタートアップ企業としては世界最大となった。ただ、株式公開は急がない考えを示した。

 センスタイムの徐立最高経営責任者(CEO)はブルームバーグがシンガポールで開いた会合で、顔認証やロボット配送などにわたる同社事業の説明会を定期的に世界中で開催しているとコメント。調達した資金は半導体などの分野への進出に活用しており、過去2年間はAIトレーニングチップの開発を進めてきた。徐CEOによると、このチップは業界をリードするエヌビディアの製品を補完する可能性があるという。

 電子商取引大手アリババグループの出資を受けるセンスタイムは、中国の大手AI企業群の中で最大の規模を持つだけに、米政府が照準を定める可能性もある。米国はセンスタイムと中国政府との緊密な関係を懸念している。この点について、徐CEOは同社が直接、中国政府とビジネスを行うことはなく、顧客のデータを所有したりアクセスしたりすることはないと説明。公的部門との協力の重点は主にAIの倫理規定の策定に置かれるとし、「業界トップ企業として政府や監督当局と規制策定で協力する責任がある」と語った。(ブルームバーグ Lulu Chen、Joyce Koh)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus