海外情勢

中国の都市総合力、首位は珠海 政府系機関、経済成長とごみ対応評価 (1/2ページ)

 中国政府系シンクタンクはこのほど、中国で持続可能な経済発展が期待できる都市のランキングを発表した。マカオに隣接する南部広東省の珠海市がトップに立った。経済成長に加え、生活ごみの無害化率の高さや科学技術研究の財政支出の多さを評価した。米中対立で経済が減速する中、域内総生産(GDP)だけでなく環境や社会保障といった側面にも着目し「総合力」の成長を促す狙いだ。

 中国は改革・開放政策で急成長した半面、過剰な開発で環境問題や地方財政悪化が深刻。市民生活を壊さない持続可能な発展をどう実現するかが課題となっている。

 調査したシンクタンクの中国国際経済交流センターは、GDP成長率のほか、環境保護や資源の有効活用、ごみ処理、財政支出に占める社会保障費の割合といった幅広い項目を数値化し、全国100都市について評価。「持続可能な発展青書」としてまとめ「単にGDP規模を追求する経済評価をやめ、総合的な指標にした」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus