国内

米、中国に完全合意要求 次官級貿易協議が2日目 (1/2ページ)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は20日、貿易協議で中国に「完全な合意を求めている。部分合意は考えていない」と述べた。来年秋の大統領選前に妥結する必要はないと指摘し、協議が長期化しても、あくまで中国に知的財産保護などの経済構造改革を求める姿勢を強調した。

 ホワイトハウスは20日、ワシントンでの米中次官級協議が2日間の日程を終えたと発表。「10月の閣僚級協議に中国代表団が来訪するのを待ち望んでいる」との声明を出した。声明は、閣僚協議に向けた準備会合となる次官級の話し合いが「生産的だった」とした。

 トランプ氏は、オーストラリアのモリソン首相との共同記者会見で、大統領選がある来年11月までの妥結は「必要ない」と指摘。有権者向けのアピールとなる農産品の大量購入を、中国が約束するだけでは不十分だとの認識を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus