データで読む

アフリカ、域内貿易の拡大もインフラが課題 (2/2ページ)

 物理的な制約のほか、アフリカ内でも他の共同体との取引には高い関税が適用されることも、域内貿易の障害となっている。AfCFTAは、大陸一体での貿易コスト削減により、域内貿易を一層促進すると期待されている。

 安価な輸入品の流入による国内産業への悪影響なども懸念されていることから、約半数の国が国内の批准手続きを終えていない。運用開始には長期間を要するとの見方も少なくないが、AfCFTAが実現すれば、対内直接投資の呼び込みや域内における分業体制の構築を通じて、アフリカ大陸の経済発展につながると考えられる。(編集協力=日本政策投資銀行)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus