国内

菅義偉官房長官、関電の金品受け取り問題「しっかりとした説明必要」

 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題に関し「事情を明らかにする際には国民の疑念に答えるためにも、しっかりとした説明が必要だ」と重ねて強調した。

 関西電力が27日に開いた記者会見では、金額や受領の時期について質問が集中したが、具体的な回答を避ける場面も目立ち、多くの疑問が残ったままになっている。関西電力は10月2日に改めて記者会見を開くとしており、菅氏は「第三者の目線から事実関係やほかの事例の有無を徹底的に調査した上で、しっかりと対応してほしい」と注文を付けた。

 今回の問題を踏まえて他の電力会社にも似たような案件の有無などを調査するかどうかについては「決まった事実はない」と述べるにとどめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus