海外情勢

メディケア構想概要表明へ 米トランプ大統領、民主党計画との違い打ち出す

 トランプ米大統領は今後のメディケア(高齢者・障害者向け医療保険)に関する自身の構想について、今週概要を明らかにする。メディケアの強化を表明している民主党側の計画との違いを浮き彫りにする方針だ。

 トランプ大統領は3日に訪問先のフロリダ州で現政権の医療政策に幅広く言及する演説をする予定で、「社会主義者の破壊からメディケアを守る」と題するメディケア関連の大統領令を発表する。

 演説では政府に代わってユナイテッドヘルス・グループやヒューマナなど民間企業が医療保険を提供する「メディケア・アドバンテージ」と呼ばれる制度が焦点になると、事情に詳しい関係者2人が発表前を理由に匿名で語った。

 ホワイトハウスのディア報道官は発表の詳細に言及しなかったものの、大統領がヘルスケアをめぐる自身の方針を堅持するとの見方を示した。

 関係者によると、選択肢を提供しながらメディケアの保全・向上を目指す大統領は、民主党との明確な違いを打ち出す考えだ。民主党内にはメディケアの大幅な拡大または普遍的な運用を推進する意見があるが、トランプ大統領はそうした措置はコスト増大と従来の制度破綻につながると批判しているという。(ブルームバーグ Jennifer Jacobs、Riley Griffin)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus