国内

台風15号を激甚災害指定 佐賀の大雨も 政府が閣議決定

 政府は11日の閣議で、千葉県などで大きな被害をもたらした台風15号や、宮崎県延岡市で竜巻に伴う被害をもたらした台風17号など8~9月の一連の災害を激甚災害に指定することを決定した。佐賀県などを襲った記録的大雨や、台風10、13号なども含まれる。17日の公布・施行を予定している。

 武田良太防災相は同日の記者会見で「被災された地域は財政面に不安なく、災害の復旧に取り組んでいただきたい」と述べた。

 激甚災害は、農林水産関連施設などの被害額が一定基準を上回る場合に政府が指定し、自治体の財政負担を軽くして早期の復旧・復興を支援する仕組み。

 道路などの生活インフラや、農林水産関連施設の復旧事業に対する国庫補助率を通常よりも1~2割程度引き上げる。政府は6~7月の梅雨前線や台風3、5号による農業被害についても9月6日に激甚災害指定を閣議決定している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus