海外情勢

遠洋総合科学調査船が西太平洋へ出発

ラヂオプレス

 北京放送によると、中国の新世代遠洋総合科学調査船「科学号」がこのほど、「国家自然科学基金委員会2019年西太平洋科学調査」を行うため青島(山東省)を出航した。航海期間は80日間の見込み。今回の航海では、西太平洋の循環流と「暖水塊エリア(周囲より海水の温度が高い場所)」の各種基準の変化の規則性、およびその環境効果を主な研究目標としている。リアルタイム科学観測網のブイにバージョンアップを伴うメンテナンスを行い、乱流解析などの広範囲観測、および航行中の海流の観測、気象観測などを行う。(RP=東京)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus