国内

中国、対米貿易15%減 1~9月、摩擦で縮小続く

 中国税関総署は14日、中国の1~9月の対米貿易総額が前年同期比14・8%減の4026億5800万ドル(約43兆6千億円)だったと発表した。米中貿易摩擦が長引き、貿易の縮小に歯止めがかからなかった。

 輸入が26・4%減と大きく落ち込んだ。輸出も10・7%減だった。対米貿易黒字は2%減少し、2213億3400万ドルだった。

 米中両政府は10、11日に開いた閣僚級の貿易協議で部分的な合意に達し、米国は予定していた制裁関税率の引き上げを見送った。今後の摩擦緩和に期待がかかるが、既に発動されている制裁・報復関税の解除にはなお交渉が必要で、早期の貿易量の回復は難しそうだ。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus