16日の東京株

265円高 米株価上昇受け大幅続伸、今年の最高値に

 16日の東京株式市場は、米企業の好決算を背景にした米国株式市場の上昇を受けて、買い注文が広がり、日経平均株価は大幅続伸した。終値は前日比265円71銭高の2万2472円92銭で、4月25日に付けた今年の終値最高値(2万2307円58銭)を更新した。東証株価指数(TOPIX)は11.31ポイント高の1631.51で4月に付けた今年の高値を更新した。出来高は約14億2700万株。

 米金融大手JPモルガン・チェースなど米主要企業の四半期決算が好調で、15日の米ダウ工業株30種平均は反発し、約1カ月ぶりに2万7000ドル台を回復した。

 東京市場でも米株高を好感して投資リスクに積極的な姿勢が目立ち、平均株価は朝方から上昇した。上げ幅は一時400円を超え、昨年12月以来約10カ月ぶりの高値水準となる場面もあった。

 その後は、軟調な上海市場が懸念材料となり、上げ幅を縮めた。10日から4営業日の上昇幅は計1000円を超え、市場では高値を警戒した利益確定売りも出た。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus