株価・外為

TOB提案合意へ「ユニゾは努力を」

 米投資ファンドのエリオットグループは16日、世界最大手の米投資ファンド、ブラックストーンからの株式公開買い付け(TOB)の提案に対し、ホテル運営のユニゾホールディングスは「合意を図るべく最大限の努力をすべきだ」とのコメントを発表した。エリオットはユニゾの全株式の約13%を保有する大株主。TOBが実施された場合は応募するとみられる。ユニゾをめぐっては、別の米投資ファンドが1株当たり4000円でTOBを実施中だが、ブラックストーンの提案は5000円と1000円高い。

 ブラックストーンはこれまで、ユニゾにTOBを提案してきたが、ユニゾの取締役会は応じないと決議している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus