海外情勢

中国、年500億ドル購入は困難 米国産農産物「合意」 非現実的な規模

 中国政府が年間500億ドル(約5兆4350億円)相当の米国産農産物の購入は難しいとみている。米国に対する報復関税を維持しているためだ。関係者によると、報復関税を撤廃する条件はトランプ米大統領が同様に関税を撤廃する必要があるという。

 中国は「第1段階」の貿易合意の一環として米国産農産物の購入を開始する用意がある。しかし、関係者によると、現在の状況下では購入額がトランプ大統領が主張する400億~500億ドルに達する可能性は低いという。

 中国は先週、米中両国が大枠で合意に達したとしたが、中国側の条件は両国の隔たりがまだ大きいことを浮き彫りにしている。米国は、予定されていた関税を発動しないことを条件に中国が大量の農産物購入を約束したとしていたが、中国側の姿勢は合意の道筋が当初の説明よりも複雑であることを意味する。

 ムニューシン米財務長官は第1段階の合意の下で、中国が米国産農産物輸入を今後2年間で年間400億~500億ドル規模に増やすと述べていた。中国はこれまでに、同国企業が米国の農産物を購入できるように関税を免除してきた。関係者によれば、中国は購入開始に向けて再びこの措置を取ることができるが、年間500億ドルという規模の場合、免除は現実的でないという。

 関係者によると、中国は輸入を増やすため、大豆や穀物、綿、エタノール、肥料、ジュース、コーヒー、肉類などの幅広い品目を購入することを検討。家禽(かきん)に対する輸入障壁を解除することも話し合われている。機械、木材、農薬も輸入品目に追加する可能性があり、これらの購入額は400億ドル以上となる見込みだが、中国側はそれぞれの品目の具体的な輸入額は決定していないという。(ブルームバーグ Niu Shuping、Steven Yang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus