海外情勢

リブラ関与 当局承認が前提 ザッカーバーグ氏、公聴会証言へ

 米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同社が計画する仮想通貨「リブラ」について、米当局による承認が得られない限りその始動に関与しないと、23日の米下院金融委員会の公聴会で証言する方針だ。

 公聴会出席に先立ち公表された証言原稿でザッカーバーグ氏は「家族への仕送りにかかる費用はあまりにも高く、あまりにも時間がかかる。現在のシステムは役に立っていない」と述べ、同社が既存の海外送金手段に代わる手頃な方法を提供することを目指していると説明した。

 リブラを通じて得られるデータをめぐりフェイスブックは信用に足りるかどうか当局者らが疑問を抱いていることを踏まえ、ザッカーバーグ氏は「われわれが現時点で理想的な使者ではないことを理解している」と述べた。

 一方、フェイスブックが新しいグローバルな仮想通貨の構築を阻まれれば、中国など他国のハイテク企業がその機会に乗じて参入してくる可能性に言及。「われわれがこうした問題を議論している間も、他の世界は待ってくれない」と指摘した。

 ザッカーバーグ氏は「『リブラ協会』が設立され、ガバナンス(企業統治)体制も整い、今後はリブラ計画を主導していくことになる」と説明。ただその上で、米当局の承認が得られるまで、世界のどこの場所においてもフェイスブックはリブラの始動に関与しないと強調した。(ブルームバーグ Julie Verhage、Kurt Wagner)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus