海外情勢

リブラ延期を公聴会で明言 FBトップ、見切り発車なら協会脱退

 米交流サイト大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日の米下院公聴会で、デジタル通貨「リブラ」について「米当局の承認が得られなければリブラを始めるつもりはない」と明言した。

 証言は6時間余りに及び、フェイスブックが直面する他のあらゆる問題でも同氏は非難を浴びた。ザッカーバーグCEOは議員らの懸念に対応する意向を示す一方、「リブラがうまくいくかどうか分からないが、新しいことに挑戦する価値を信じている」と述べた。

 同氏はさらにリブラの運営を担う「リブラ協会」について、米当局の承認なしにリブラを推進すると同協会が決定する場合には、フェイスブックは完全に脱退せざるを得ないだろうとの考えを示した。「リブラのプロジェクトが米政府の基準を満たすか、それを超えるようにしたい」と語った。(ブルームバーグ Kurt Wagner、Sarah Frier)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus