海外情勢

ドローン宅配、米で開始 グーグル系の企業が認可取得し試験運用

 【ニューヨーク=共同】米グーグル系の企業が、米国で小型無人機ドローンによる宅配サービスに乗り出した。米航空当局から4月に認可を取得し、今月18日にドラッグストアの商品などを客の自宅に届けるサービスの試験運用を開始した。ドローン宅配の商用化は米国で初めてという。

 ドローン宅配では、米インターネット通販大手、アマゾン・コムが6月、数カ月以内にサービスを始めると公表。米運輸大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は10月初旬、子会社が米航空当局から認可を得たと発表した。将来は各社が空を舞台につばぜり合いを演じそうだ。

 米国でドローン宅配を始めたのは、グーグルの親会社である米アルファベット傘下のウイング・アビエーション。米ドラッグストア大手のウォルグリーンズや地元小売店の商品の注文を専用アプリで受け付ける。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus