海外情勢

VWが自動運転開発新会社 20年代半ばに大規模商用化

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、自動運転技術の開発を手掛ける新会社の設立を発表した。グループ内の開発機能を集中し、技術の確立を急ぐ。一定の条件下で完全自動運転となる「レベル4」を対象とし、2020年代半ばに商用車で大規模な実用化をしたい考えだ。

 新会社は「フォルクスワーゲン・オートノミー(VWAT)」。ドイツのミュンヘンとウォルフスブルクを重要拠点とし、年内にグループの自動運転に関わる人員や資産を移す。20年に米シリコンバレー、21年には中国にそれぞれ拠点を設ける予定だ。

 VWの商用車部門が開発するロボットタクシーのような車両に、VWATが手掛ける自動運転システムの搭載を目指している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus