海外情勢

混合所有制企業、新たに600社以上

中国新聞

 中国国務院(内閣)国有資産監督管理委員会(国資委)の彭華崗・秘書長兼報道官はこのほど会見で「今年1~9月に新たに(民間資本が導入されて)混合所有制企業となった中央企業(中央政府が監督する国有企業)は600社を超えた」と明らかにした。中央企業の混合所有制企業数は2012年比で20%増となり、中央企業全体の70%以上となった。別の統計で見ると13~18年、各省(区、市)が管轄する国有企業の同改革実施件数は5000件超、導入した民間資本金額は計6000億元(約9兆3000億円)を超え、中央企業の実施件数は3359件、導入民間資本は9000億元を超えた。彭氏は「混合所有制になったことは改革の第一歩にすぎず、今後はさらなる企業改革が必要だ」と述べた。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus