海外情勢

米グーグルがフィットビットを買収 「アップルウオッチ」対抗

 米グーグルは1日、健康管理に役立つ腕時計型ウエアラブル端末を手掛ける米フィットビットを買収すると発表した。買収額は約21億ドル(約2200億円)。腕時計型端末を強化し、米アップルの「アップルウオッチ」に対抗する。当局の承認などを経て、買収手続きは2020年に完了する見込み。

 フィットビットは運動量や睡眠などを記録できる多様なモデルを展開する。世界の利用者数は2800万人以上で、日本でも発売している。買収後も、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」のほか、アップルのOS「iOS」向けのサービスを継続する。

 グーグルは声明で、プライバシー問題に配慮し、個人情報を売ったり、健康情報を広告に使ったりしない方針を示した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus