国内

RCEP閣僚級会議 交渉は「最終的に皆で判断するまで続く」 一部で相違点埋めきれず

 【バンコク=大柳聡庸】牧原秀樹経済産業副大臣が2日、日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉について、「交渉は一般に、ある方向で合意したとしても、最終的に皆で判断するまでは続く」と指摘し、一部の分野で相違点が残っているとの認識を示した。バンコクで記者会見し語った。

 RCEPの交渉参加国は関税や投資ルールなどを協議し、年内妥結を目指すことで一致していた。だが、政府関係者は2日、「交渉参加16カ国でルールを決める大変さはある」と述べるなど、目標としている4日の首脳会議での妥結は予断を許さない状況だ。

 また、牧原氏は「4日の首脳会議の共同声明を見て判断してもうのが一番だ」と強調し、1日の閣僚級会議の具体的な内容については言及しなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus