海外情勢

中国、対カナダ貿易を再開 近くに食肉を輸入し供給不足解消へ

 カナダのトルドー首相は5日、中国への豚肉と牛肉の輸出が再開されると明らかにした。ツイッターに投稿した。中国は6月、豚肉に偽造証明書が添付されていた事例が判明したとして、カナダからの食肉輸入を全面的に停止していた。

 ビボー農務・農産食品相とカー国際貿易多様化相は声明で、カナダ当局は「今後数日および数週間にわたり、牛肉と豚肉の生産者・加工業者と引き続き緊密に協力し、貿易再開を確実に成功させるために取り組んでいく」と表明。カナダ食肉業界の代表団が来週、中国を訪問するという。

 中国は6月に豚肉の証明書の偽造が発覚したとして、カナダからの食肉輸入停止を発表。両国の当局者が原因調査に当たっていた。カナダは昨年、中国に5億1400万ドル(約560億円)相当の豚肉を輸出した。

 両国の関係はカナダ当局が昨年12月、米国の要請に基づき中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)を逮捕したのを機に悪化。中国はその後カナダ人2人をスパイ容疑で拘束し、別のカナダ人2人に死刑判決を言い渡したほか、約38億ドル相当のカナダ産農産品の輸入を停止していた。

 中国政府はアフリカ豚コレラの流行に伴う食肉供給不足の解消に奔走しており、各地で食肉の輸入を増やしている。貿易の再開により、カナダは同市場への輸出機会を広げられる。

 貿易再開はカナダの隣国にとってもメリットがある。カナダの対中輸出再開により同国から米国への食肉輸出が減り、米国の豚肉市場の供給過剰を緩和できる可能性があるためだ。

 豚肉先物トレーダーのダン・ノルチニ氏は貿易再開について「カナダからの米国やメキシコへの豚肉の輸出は大幅に減少するだろう」と指摘した。(ブルームバーグ Ashley Robinson)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus