海外情勢

内蔵の電池は独ファルタ製 「エアポッド・プロ」分解 アナリストが発見

 コメルツ銀行のアナリストは、米アップルの最新ワイヤレスイヤホン「エアポッド・プロ」がドイツのメーカー、ファルタ製の電池で動いていることを証明するためにどんな苦労も惜しまなかった。

 アナリストのシュテファン・クレップ氏はリポートで、地元のアップルストアを訪れて249ドル(約2万7000円)のエアポッドを購入した後、それを分解してファルタ製小型リチウムイオン電池が内蔵されているのを発見したことを明らかにした。

 クレップ氏はリポートで「われわれの分解で最終的にアップルをめぐる臆測が決着する形となった」と指摘し、分解されたエアポッドと電源の写真も掲載した。ファルタとアップルはコメントを控えた。

 ファルタ株は2017年の再上場以降の最高値を更新。同社が発表した生産能力増強には、ワイヤレスイヤホン市場のリーダーであるアップルが関与している可能性があるとの臆測が高まっていた。両社はこれまでいずれも関係を認めていない。(ブルームバーグ Richard Weiss)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus