海外情勢

赤字2倍超、1300億円 米ウィー7~9月期決算

 共有オフィス「ウィーワーク」の運営会社、米ウィーカンパニーの2019年7~9月期決算は純損益が12億5千万ドル(約1300億円)の赤字となり、赤字額が前年同期と比べ2倍超に増えたことが13日、分かった。売上高は1・9倍の9億3400万ドルだった。米メディアが伝えた。

 ウィーは今年9月に上場するとみられていたが、投資家から事業の収益性や企業統治に疑念を持たれ延期した。ソフトバンクグループが10月、経営難のウィーに最大95億ドルの支援策を実施すると発表している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus