海外情勢

テスラ、ベルリン新工場の建設計画発表 EV生産の米中独ネット完成

 電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日遅く、次の製造拠点をドイツの首都ベルリン近郊に建設する計画を発表した。同社は米カリフォルニア州フリーモントにある唯一の自動車組立工場で生産している一方、中国・上海郊外の新工場での本格稼働を年内に予定している。ドイツへの工場新設により、国際的なEV生産ネットワークが完成する。

 人材招聘と競争優位

 マスク氏はこの日、BMWやフォルクスワーゲン(VW)、アウディなどドイツの自動車大手幹部が出席した自動車関連イベントに参加。ベルリンの製造拠点と合わせて、新空港近くにエンジニアリングとデザインのセンターも設立すると語った。

 セダン「モデル3」の表彰を受けたマスク氏は「世界最高の自動車の一部はドイツ製であるのは明らかだ」と述べ、ドイツ車のEV化は「そう遠くない」との見方を示した。

 今回の発表は全く唐突というわけではない。マスク氏は以前、年内に欧州工場の設立場所を発表するとコメントし、候補地としてドイツを「最有力候補」に挙げていた。

 テスラの欧州生産によって、かねて同社の脅威にさらされていた既存メーカーのリスクは増す。ただ、新工場が立ち上がるまでに時間がかかる公算は大きい。マスク氏は今年、欧州の製造拠点設立と稼働に2021年までかかる可能性が高いとの見解を示していた。

 米ループ・ベンチャーズのマネジングパートナー、ジーン・ミュンスター氏は「ベルリンという立地はテスラならではの2つの目標を果たす。独自動車業界の優れた人材を招聘(しょうへい)するという戦略的な意味と、欧州メーカーより優位に立つというマスク氏の意向を表明することだ」と指摘する。

 独デュースブルク・エッセン大学自動車リサーチセンター(CAR)のディレクター、フェルディナンド・デューデンホッファー氏は、マスク氏が大ベルリンという立地を選択したことに「驚いたが誤りではない」と述べ、EV用バッテリーセル製造には場所とインフラ、助成金が必要であり、ベルリンはテスラのような高級ブランドに合致すると強調している。

 コストと需要に懸念

 独EV市場は将来的に飽和状態になるとの見方がある一方、内燃機関からEVへの移行をめぐる駆け引きも一筋縄ではいかない。「メルセデスベンツ」ブランドを擁する独ダイムラーは14日にロンドンで投資家との重要な会議を控える中、将来のEV生産地をめぐり労働組合の抵抗に見舞われている。VWグループ最大の稼ぎ頭、アウディもセダンとステーションワゴンに特化した国内主要工場の雇用維持で同様の労使対立に直面する。

 メルケル政権と国内自動車業界はEVの新車購入補助金引き上げに合意している。ただ、労働コストとエネルギー価格が世界有数の高さにあるなど高コスト構造の同国での生産が難しくなるのは必至だ。また欧州のユーザーは販売網と整備面で信頼できるサービスも期待しており、テスラはその点で苦戦している。

 ブルームバーグ・インテリジェンスの自動車アナリスト、ケビン・タイナン氏は、ドイツと中国に製造拠点を構えれば、それぞれの地域でのテスラ車の販売増に貢献するとみる。ただ「需要が持続可能かについては、はなはだ疑問だ。欧州域内での競争が本格化すれば厳しさが増す」と予想する。

 欧州工場のニュースが報じられて間もなく、マスク氏は2本のツイートを投稿。新工場は今年発表のクロスオーバータイプの新車種「モデルY」を手始めに、バッテリー、パワートレイン、車両を生産するギガファクトリーになるとアピールした。(ブルームバーグ Christoph Rauwald、Dana Hull)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus