国内

実質GDP 年0.2%増に鈍化 7~9月期

 「薄氷」の4四半期連続プラス成長

 内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.1%増で、仮にこの伸び率が1年続いた場合の年率換算は0.2%増だった。かろうじて4四半期連続のプラス成長となったが、4~6月期(前期比0.4%増、年率1.8%増)と比べると伸びは鈍化した。

 個人消費は前期比0.4%増。10月の消費税増税を控えて9月を中心に駆け込み需要が一定程度生じ、化粧品やパソコン、テレビなどが増加に寄与した。一方、7月の天候不順などが響き、4~6月期の0.6%増からはやや低い伸びにとどまった。記者会見した西村康稔経済再生担当相は、駆け込み需要について「前回(増税時)ほどではなかったとみられる」と述べた。

 一方、駆け込み需要に伴い製品の在庫の取り崩しがあったとみられ、民間在庫変動は実質GDP成長率を0.3%分押し下げた。設備投資は0.9%増で2四半期連続のプラスだった。

 輸出は0.7%減。日韓関係悪化を背景に韓国からの訪日客が減り、輸出にカウントされる訪日客の国内消費が低迷したことなどが響いた。輸入は0.2%増だった。

 景気実感に近いとされる名目GDPは前期比0.3%増、年率換算は1.2%増だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus