国内

東京の都市力、世界3位を維持 課題は高級ホテル・起業支援・人材確保など

 森記念財団都市戦略研究所は19日、2019年の世界の都市総合力ランキングを発表した。東京は3位を維持したものの、スコアの下げ幅が他の上位都市よりも大きく、4位の仏パリと差が縮まった。8年連続で首位は英ロンドン、2位は米ニューヨークだった。

 世界の主要48都市を対象に経済、文化・交流、居住など6分野70指標で評価した。

 東京は文化・交流分野で昨年よりスコアを上げ、「食事の魅力」の指標では他都市を大きく引き離し首位だった。ただ、総合首位のロンドンには水を空けられている。

 東京は「ホテル客室数」が48都市中、最も多いものの、「ハイクラスホテル客室数」では19位と伸び悩んだ。総合2位のニューヨークとの比較では、経済、研究・開発分野で大きく差がついた。総合評価で東京との差が縮まったパリは、居住と交通・アクセスで最も高い評価を得た。

 また東京は、今回の調査で新たに加わった「働き方の柔軟性」や夜間観光などの「ナイトライフ充実度」のほか、英語力などを備えた「優秀な人材確保の容易性」などの指標で、ロンドン、ニューヨークなどの後塵(こうじん)を拝した。

 起業促進の状況をみる「スタートアップ環境」や「国際線直行便就航都市数」でも上位都市に差をつけられた。

 同研究所は東京とロンドン、ニューヨーク、パリとの比較を踏まえ、高級宿泊施設の整備や起業支援、国際交通ネットワークの強化などに向けた中長期的な取り組みが必要だと総括した。

 同日会見した竹中平蔵所長は、「東京の弱みには法人税や規制の問題があり、東京の問題であると同時に政府の政策の問題との認識が必要だ」と強調した。

 ■2019年世界の都市総合力ランキング

 1位 英ロンドン

 2位 米ニューヨーク

 3位 東京

 4位 フランス・パリ

 5位 シンガポール

 6位 オランダ・アムステルダム

 7位 韓国・ソウル

 8位 ドイツ・ベルリン

 9位 香港

 10位 オーストラリア・シドニー

 ※森記念財団都市戦略研究所より

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus