海外情勢

米6位の商業銀が来月誕生 BB&Tのサントラスト買収を当局承認

 米銀持ち株会社BB&Tによるサントラスト・バンクス買収が、米当局の承認を受けた。約10年ぶりの大規模な銀行統合が実現し、米6位の商業銀行が誕生する。

 米連邦準備制度理事会(FRB)と連邦預金保険公社(FDIC)は19日、それぞれの声明で、両行の合併を認めたことを明らかにした。合併による競争上の影響を緩和するため、BB&Tが30支店と預金24億ドル(約2600億円)余りを手放すことが条件。両行の発表資料によれば、合併後の新たな名称は「トゥルイスト・ファイナンシャル」。12月6日に合併を完了し、証券コードTFCでニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する予定。

 新銀行の最高経営責任者(CEO)は、BB&Tのケリー・キングCEOが2021年9月12日まで務め、その後はサントラストのビル・ロジャースCEOが引き継ぐ。合併により、22年までに少なくとも年間16億ドルのコスト削減が見込まれると、両行が今年2月の合併発表の際に明らかにしていた。(ブルームバーグ Hannah Levitt)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus