国内

日商、三村会頭再任を決定 異例の3期目 中小のデジタル化注力

 日本商工会議所は21日、東京都内で臨時会員総会を開き、三村明夫会頭の再任を決めた。兼務する東京商工会議所の会頭は既に続投が決定。いずれも任期は通常2期6年だが、異例の3期目に入った。

 総会後に記者会見した三村氏は「中小企業は付加価値の向上なしには生き残れない」と強調。大企業との取引価格の適正化や、生産性向上に向けたデジタル化を一段と推進する意向を示した。

 在任中に後継者探しも重視する考えで、求める資質については「中小企業の立場で課題を認識し、中小だけでなく日本全体のためになる解決の方策を見いだせる人」と述べた。

 総会では日商の副会頭に、新任となる広島商工会議所の池田晃治会頭を含む計11人も選任した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus