海外情勢

スイス高級腕時計「H.モーザー」が印進出 現地最大級のチェーン通じ展開

 スイスの高級腕時計メーカー「H.モーザー」は先ごろ、インドで高級時計チェーンを展開する「エートス・ウオッチ・ブティック」を通じてインド市場に参入すると発表した。H.モーザーによると、同社製品は今後数年以内に、エートス・ウオッチ・ブティックを通じてインド全土で入手できるようになる。タイムズ・オブ・インディアなどが伝えた。

 H.モーザーはまず、インド主要4大都市の店舗で人気コレクション「ヘリテージ」「エンデバー」「パイオニア」「スイスアルプウォッチ」を販売。同社のエドアルド・メイラン最高経営責任者(CEO)はインド市場参入について、「インドの文化と遺産における豊かな歴史は、H.モーザー・ブランドの目指すものと一致する」と述べた。

 同社は1828年、スイス・シャフハウゼン出身のヨハン・ハインリッヒ・モーザー氏が創業。現在約60人の時計職人が年間1500個超の時計を生産している。全てのムーブメントは社内で製造され、手作業による組み立てで仕上げられている。タイムズ・オブ・インディアは「製品価格は一般に94万ルピー(約141万9000円)以上」と伝えた。

 エートス・ウオッチ・ブティックは、2003年設立のインド最大級の高級時計ブティックチェーンで、現在16以上の都市に53店舗を展開している。

 同社のプラナブ・サブーCEOは「近年、インドの腕時計市場では高級ブランドのオーダーメード需要が増加しており、H.モーザーには大きな可能性がある。高度な教育で知識が豊かで、珍しい時計に興味を持っているのが、今のインドの時計愛好家たちだ」と期待を示した。(シンガポール支局)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus