国内

2号機から順次デブリ取り出しへ 福島第1原発、廃炉工程表改定案

 政府は2日、東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水対策チームの会合で、廃炉に向けた工程表「中長期ロードマップ」の改定案を示し、廃炉作業の最難関とされる溶融核燃料(デブリ)の取り出しを、2号機から2021年中に始める方針を正式に明記した。31年までに1~6号機全基で、使用済み核燃料プールに残る燃料計4741体の搬出完了を目指すことも盛り込んだ。

 改定は5回目。事故から30~40年後とする廃炉完了目標は維持した。

 今後、各工程を精査して正式決定する。プール燃料全ての搬出完了時期を設定するのは初めてだが、これまでトラブルなどで作業の中断、遅れが相次いでおり、デブリ取り出しも含め、順調に進むかどうかは不透明だ。

 会合で、チーム長を務める梶山弘志経済産業相は「第1原発の周辺地域でも住民帰還や復興が進む中、復興と廃炉の両立を大原則に対策を進める」とあいさつした。

 2号機のデブリの本格的な取り出しを前に、性質や状態を調べるため本年度内に少量を試験採取するとしていたが、今回の工程表改定で、21年に予定する取り出し開始に合わせて実施すると変更。その後は31年までに取り出す規模を拡大していくとの目標を掲げた。

 使用済み核燃料は強い放射線を出し、冷却し続けなければ高温になり溶融する恐れがある。各号機の原子炉建屋内で未使用燃料も含めプールに沈めて保管しており、搬出した燃料は構内の共用プールに移し安定的に保管するが、最終処分先は未定となっている。

 事故当時に定期検査中だった4号機は全てプールからの取り出しを完了。炉心溶融を起こした3号機でも今年4月、搬出が始まった。1、2号機の搬出開始はいずれも23年度をめどにしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus