海外情勢

「遺憾」「失望を禁じ得ない」 産業革命遺産のユネスコ報告に韓国外務省

 【ソウル=名村隆寛】韓国外務省は3日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に2015年に登録された長崎市の端島(通称・軍艦島)を含む「明治日本の産業革命遺産」について、日本政府がユネスコに提出した登録後の保全状況についての報告内容に対し「遺憾」とする報道官論評を発表した。

 論評は、登録に際し日本政府が一部の遺産に朝鮮半島出身者が徴用されたことを説明する措置を取ると約束したが、措置が十分に取られず、「報告にも入れていないことに遺憾を表明する」と不満を示した。

 さらに、軍艦島での強制労働を認めるべきだと改めて主張し、日本が対話に応じず、一方的に報告書を作成、提出したとして「失望を禁じ得ない」と批判した。

 韓国外務省は日本の報告に対し、17年にも同様の論評を発表している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus