国内

原発の再稼働審査「合理化を」 国基研が提言発表

 民間シンクタンク「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)は4日、国会内で会合を開き「日本に原子力発電を取り戻せ」と題する政策提言を発表し、原子力規制委員会(規制委)の審査の合理化を訴えた。近く首相官邸に提出する。

 提言は「規制委の不合理な審査遅延ゆえに、震災後の8年を無駄にした」と指摘し「再生可能エネルギーの効率的な導入を図るとともに、非化石電源である原発の正常化に取り組まねばならない」とした。原発のテロ対策を電力会社だけに任せず、警察や自衛隊と連携する必要性も訴えた。

 櫻井氏は、規制委の審査のあり方に関し「電力会社とコミュニケーションがとれないまま曖昧な追加条件が積み重なっている」と批判した。北海道大の奈良林直名誉教授は「原発を止めて生じた損失は電気料金(にはね返っている)。国民の財政的負担を規制委は認識すべきだ」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus