海外情勢

天津、ファーウェイの新拠点が運営開始

中国新聞

 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)による新拠点「華為浜海基地」がこのほど、中国とシンガポールの協力事業「中新天津生態城(エコシティー)」(天津市)で運営を開始した。同基地には、最先端の研究理念や先進開発ツールなどを一体化したワンストップクラウドプラットフォーム「ソフトウエア開発クラウド」、天津浜海新区の政府機関や企業にクラウドコンピューティングやビッグデータなどを提供する「都市産業クラウド」、ファーウェイの世界37番目のイノベーションセンターである「華為ソフトウエア開発クラウドイノベーションセンター」などがある。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus