国内

医薬品の市場価格が薬価を8%下回る 厚労省公表、薬価引き下げへ

 厚生労働省は4日、医薬品の市場での取引価格が、公定価格である薬価を8・0%下回ったとの調査結果を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で公表した。医療機関に支払われる診療報酬の令和2年度改定では、薬価を市場価格に合わせて引き下げることにより、膨張する医療費の伸びを抑制する。

 調査は原則2年に1度実施しており、今回は今年9月の取引分を調べた。薬の入札をめぐる談合の疑いで公正取引委員会の強制調査を受けた医薬品卸売大手4社の販売データは、一部除外した。

 市場価格は販売競争により、公定価格に比べ安くなる傾向がある。注射器など医療材料の市場価格も公定価格を5・8%下回った。

 政府の2年度予算では、高齢化に伴う社会保障費の自然増が五千数百億円と想定されるが、政府は薬価の引き下げを中心に例年並みに1300億円程度圧縮する考え。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus