海外情勢

台湾二大政党、エリート対決 立法委員選の注目区 蒋介石ひ孫VS若手の精鋭

 【台北=田中靖人】台湾の総統選と同日に行われる立法委員(国会議員に相当)選で、台北3区が注目選挙区の一つになっている。初代総統、蒋介石のひ孫で野党、中国国民党の「明日の星」とされる若手現職に対し、与党、民主進歩党は若手の精鋭候補を擁立し政権与党の幹部が連日、応援に入る。柯文哲台北市長率いる台湾民衆党も候補を立てて「第三勢力」の形成を目指しており、象徴的な構図となっている。

 民進・38歳呉氏

 「中国は信用できない。(香港と異なり)台湾には選択肢がある。若者全員で立ち上がり未来を守ろう」

 民進党の新人、呉怡農氏(38)は9日昼、会社員が行きかう商店街でこう呼びかけた。呉氏は米国生まれで米エール大卒。米金融大手の香港支店で勤務した後、台湾の陸軍特殊部隊に入隊した華やかな経歴を持つ。伯父は民進党の最大派閥「新潮流」派の創設メンバーで、党秘書長(幹事長)を何度も経験した大物だ。いわば「民進党エリート」の呉氏が9月に落下傘候補として出馬を決めて以来、同区は蔡英文総統ら政権与党の幹部が次々と応援に立つ重点区となった。

 呉氏は、国民党が11月に発表した比例名簿の上位の「当選圏内」に、親中派の元陸軍中将が入ったことを問題視。元中将が当選すれば「外交・国防の機密に触れる委員会に入り、台湾の安全保障は大きな危機にさらされる」として、元中将の落選運動を率いている。比例名簿は拘束式のため、実際に落選させられる可能性は極めて低いが、国民党の現職にも「台湾側に立て」と賛同を求めている。研究者の父親が蒋介石の息子、蒋経国元総統に解雇されたという趣旨の発言をし、年代の齟(そ)齬(ご)を指摘されて釈明する場面もあった。

 支持率で追う呉氏は「挑戦に直面する台湾に必要なのは、自由と尊厳を守る立法委員だ」と主張。民進党支持層に根深い国民党一党独裁時代への反感や、香港情勢の悪化などで中間層にも広がる対中警戒感に訴える戦術を取っている。

 国民・40歳蒋氏

 これに対し、2期目を目指す国民党の現職、蒋萬安氏(40)は「情勢は五分五分」と引き締めを図る。同選挙区は本来、二大政党の選好で国民党が優勢で、小選挙区制となった2008年以降3回はいずれも国民党候補が当選。蒋氏は前回選で、外交部長(外相)も務めた父親の地盤を党内予備選で奪還した。だが、「若年層は政党支持が薄れている」(地元有力者)ため、安閑とはできない。蒋氏も米国の大学院を修了し米弁護士資格を持つエリートで、メディアは呉氏と対比して「政二代(2世政治家)対決」や「イケメン対決」と注目している。

 蒋氏の選挙戦の特徴は、劣勢が伝えられる党の総統候補、韓国瑜高雄市長と連動していないことだ。5月に立法院(国会)の委員会室で卓上マイクを切り忘れ、韓氏の支持者を「理性的でなく、(韓氏を)支持する理由すら説明できない」と見下した発言が報道されたこともあり、もともと関係が良いとはいえない。

 だが、選挙区内に韓氏の看板はほぼ皆無で、蒋氏の選挙ポスターも本人だけ。蒋氏に香港情勢の影響を問うと「評価が難しい。一歩ずつ有権者の支持を得るしかない」と言葉を濁したが、韓氏の低迷の影響は「当然ある」と答えた。その上で、電線の地下化など「4年間の成績」を訴えていると説明した。自身の選挙と総統選を切り離した上で耳目を集める論争を避け、地元サービスを強調して逃げ切る構えだ。

 第三勢力・何氏

 一方、民衆党の新人、何景栄氏(41)は二大政党の対決に割り込みを狙う。母親がインドネシアから移住してきた「新住民」で、アルバイトと奨学ローンで大学を出た。何氏は「民進党も国民党も新住民の声を聞こうとしない」と批判。二大政党のエリート候補と比べ「労働者や会社員など基層の人々の声を代弁できるのは苦労を知る自分だけだ」と訴える。ただ、何氏の当選の見込みは薄く、党の比例票を集める役割になる可能性が高い。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus