中国観察

北京原人発見から90年 「消えた頭蓋骨」は今も不明…取り沙汰された仮説の数々

 中国の北京市郊外で「北京原人」の頭蓋骨の化石が発見されてから今月2日で90年を迎えた。考古学史上に残る大発見と世界を驚かせ、1987年には発掘場所が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。考古学研究で多くの発見をもたらした北京原人の化石だが、実物は日中戦争の最中に行方不明となっている。その行方をめぐって多くの仮説を生み、発見から90年を経た今も謎のままとなっている。(三塚聖平)

 小さな洞穴の中で

 北京中心部から西南に約50キロ、車で1時間半余りの場所に位置する北京市房山区周口店。ここで北京原人の化石が見つかったのは、90年前の1929年12月2日のことだった。歴史的発見を成し遂げたのは、後に中国を代表する古人類学者となる裴文中(はい・ぶんちゅう)氏だ。

 中国新聞網の記事によると、北京大学を卒業して間もなかった裴氏は、周口店で行われていた発掘調査に補助的な仕事で参加していた。

 「小さな洞穴を見つけた」

 29年12月2日午後、裴氏は作業員からこのような報告を受けた。日暮れにも関わらず、縄を降ろして自ら確認に向かった。わずかな明かりを頼りに洞穴の中を辛抱強く調べていると、地面に半分埋まっている頭蓋骨を見つけた。これが北京原人が現代人の前に姿を見せた瞬間だった。

 北京原人の発見は世界的に注目され、その後に多くの骨や歯なども見つかって詳細な研究が進められた。ブリタニカ国際大百科事典によると、北京原人が暮らしていた年代は約77万年前から約23万年前まで。脳容量は約1000立方センチメートルで、これは現生人類とチンパンジーの間くらいだ。直立二足歩行が可能だったと思われている。

 だが現在、裴氏により見つけられた北京原人の頭蓋骨を見ることはできない。日中戦争のさなかに行方不明となってしまったからだ。当時作られた質の高い模型標本や、戦後に再開された発掘調査で発見された化石を使って研究が進められている。なお、戦後の発掘調査では裴氏が発見した頭蓋骨のようなものは見つかっていない。

 化石は2つの箱に入れられた

 戦争中に消えた北京原人の化石の行方は、歴史上の謎として、これまでに幾度となく話題となってきた。まずは、行方不明になった経緯を中国メディアの報道などを基に総合すると以下のようになる。

 1941年の暮れ、日中戦争の激化を受けて北京原人の化石を中国から持ち出し、米国内で一時保管することが決まった。米軍軍医の名前を記した2つの大きな箱に化石を詰め、北京から鉄道で河北省秦皇島の港に運び、そこから貨客船プレジデント・ハリソン号で米国へ向かう-という計画が立てられた。

 そして41年12月5日早朝、2つの箱は米海兵隊員とともに北京を出発した。8日午前には計画通り秦皇島に到着したが、北京原人の化石を乗せるはずの貨客船が港に来ることはなかった。

 おりしも12月7日(日本時間8日)、遠く離れた米ハワイ・オアフ島で真珠湾攻撃が起きたためだ。プレジデント・ハリソン号は上海付近の海域で日本軍が拿捕(だほ)。化石の護送任務に当たっていた米海兵隊員も日本軍の捕虜になった。そうした混乱の中で、北京原人の頭蓋骨などの化石は行方が分からなくなってしまったのだ。

 取り沙汰された仮説の数々

 戦後、中国では北京原人の化石捜索が行われた。移送前に化石が保管されていた北京協和医学院、米国施設跡地、日本、果ては周口店の化石発見地まで探したという。だが、ようとして行方は分からなかった。

 中国内外では「北京原人の頭蓋骨は実はここにあるのではないか」といった報道が数十年にわたり何度も繰り返された。いずれも発見には結びつかなかったが、これまでに取り沙汰された主な「仮説」には以下のようなものがある。

 ○化石の価値が分からない日本兵により捨てられた

 ○戦争による被害に巻き込まれて破壊された

 ○戦中に米軍により撃沈された日本の貨客船に財物などとともに積まれていた

 ○秦皇島か天津のどこかに今も隠されている

 ○北京市中心部の公園に密かに埋められた

 ○日本に運んで隠された。持ち主は東京帝国大学(現・東京大学)、元日本軍人…

 ○元米軍人の家族が保管している

 これらはほんの一部だが、納得感のあるものもあれば、小説のような出来過ぎたものもある。いずれも現時点では真偽不明だ。

 発掘場所の今

 現在、北京原人の化石が発掘された周口店の一帯は「周口店遺跡」として観光地になっている。整備が進んで公園のようになっており、裴文中氏らが発掘作業にあたった当時の雰囲気を感じるのは難しい。遺跡の説明板には日本語も書かれており、付近には北京原人の生活や発掘の歴史などを紹介する「周口店遺跡博物館」もある。

 北京市内からの交通アクセスは便利とはいえないが、北京原人が暮らした数十万年と、その化石が消えた数十年という「2つの歴史」の重みを同時に感じることができる貴重な場所である。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus