株価・外為

有馬記念の人気は景気を反映!? JRA売上高、東京株の推移と同調 (1/2ページ)

 1年を締めくくる大一番のG1レース、有馬記念が22日、中山競馬場で開催される。世界で最も馬券が売れたギネス記録を持つレースは、金融市場でも話題となる年末の恒例イベント。人気ぶりは景気動向次第とあり、関係者は週末に向けて株価よりもレースの予想に熱を入れている。

 有馬記念を運営する日本中央競馬会(JRA)の売上高は、北海道拓殖銀行や山一証券が相次いで破綻して金融危機が発生した1997年の4兆円をピークに減少に転じた。東日本大震災の11年まで減収が続いたが、第2次安倍晋三政権が発足した2012年から反転して増加している。日経平均株価の推移と歩調を合わせる。

 双日総合研究所の吉崎達彦チーフエコノミストは、ここ数年の馬券売上高は毎年2%程度増加しており、緩やかな景気回復に沿っていると分析。その上で「消費増税の影響も少なく、景気の腰折れはないと考える」と予想する。

 JRAの売上高は「可処分所得と密接に連動している」と指摘するのは第一生命経済研究所の永浜利広・経済調査部首席エコノミスト。永浜氏は10年ほど前までは名目賃金との連動性が高かったが、アベノミクスで雇用者数が増えた最近は賃金に雇用者数をかけた可処分所得と同じ動きをしていると述べた。その上で今年の有馬記念も「非常に盛り上がると予想している」と語った。

 大納会が迫ったタイミングでの注目の競馬イベントは景気動向を映す風物詩だけに、市場関係者の多くがこぞってレースに参加する。いつもならマーケットのさまざな情報を提供する証券営業の電話も、有馬の予想に話が移ることもしばしばあることだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus