国内

首相「RCEP早期妥結目指す」 日中韓経済会合で表明

 安倍晋三首相は24日、中国の四川省成都で開かれた「日中韓ビジネスサミット」に出席した。成都が「三国志」で有名な蜀の首都だったことを踏まえ「(日中韓)3カ国は三国時代の魏、呉、蜀ではないので、相争う者ではない。共に協力し『新しい三国時代』を築きたい」と呼び掛けた。

 連携が必要な分野として少子高齢化や環境問題を挙げ「3カ国は共通の課題を抱えている。共に取り組むことが重要だ」と指摘した。経済関係については「自由で公正な貿易を一層力強く推進する」と強調。東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の早期妥結を目指すと表明した。

 会合は日中韓の経済団体のほか、中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領らも参加した。

 李氏は日中韓自由貿易協定(FTA)交渉に関し、3カ国は相互補完性が大きいとして「プロセスを加速させるべきだ」と強調。文氏も日中韓FTAとRCEPの交渉を通じ「アジアで自由貿易の秩序を拡大していく」と訴えた。(成都 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus